投稿日:

キャッシングを無利息で利用する時のチェックポイント

無利子でお金を借りるには?

急な出費と言うのは何時何処でやってくるか分からず、事前に分かっていればその分貯金しておく事も出来るのは出来ますがそれでも予想より多くて結局その分急な出費であることに変わりないと大なり小なり避けられない運命です。しかしそんな時に助けてくれるのが消費者金融、社会人でなおかつ一定の収入を持っている方なら審査さえ通れば誰でもお金を借りる事が出来、こういった自体になった時には手助けしてくれます。

消費者金融の中には無利子で貸してくれる所が多いですが主に「契約日の翌日以降から30日までは無利子」で謳っているのが多く主流ともいえます。こちらは主にアコムが有名です。一方でプロミスと言った「ご利用日から30日までは無利子」の消費者金融も僅かながらに存在し借りる前にどちらが得かをじっくり練りましょう。とは言え長期ならともかく短期でなおかつ30日以内に返せる目処があるのであれば双方魅力的な部分です。お金を返済するのに利子が付くのは誰でも嫌です、利子もプラスされる前に借りて返せるなら使ってみるのもいいです。

無利息キャッシング一覧表@無利子・金利ゼロのカードローンの選び方
金利ゼロの適用には一定の基準を満たす必要があります。借りた後に「金利を取られている!」といったことにならないように、金利ゼロ適用の条件をしっかり確認し、金利ゼロで借りられるローンを賢く選びましょう。

 

無利息キャッシングについて

近年、消費者金融業者のキャッシングサービスを利用する人が全国的に増加しているといわれています。消費者金融業者の融資は自由な目的で利用することができるために、自動車や住宅などの購入以外にも役に立ちます。消費者金融業者のキャッシングサービスを利用するためには、まず審査に通過することが求められます。審査基準としては、業者によって若干の差があるものの、しっかりと返済をすることができるかどうか問われることになります。一般的には安定した収入があり、他者の消費者金融から多額の借り入れを行っていなければ融資を受けることができるとされています。

消費者金融業者はこれまで一般の人にとってあまりなじみのない存在であったといわれており、各消費者金融業者はイメージのアップを図るために様々な取り組みを行うようになっています。そうした中、大手の消費者金融業者を中心として、顧客獲得サービスの一環に無利息 キャッシングと呼ばれるものを展開するようになってきました。このサービスは原則として初めて消費者金融業者を利用する人を対象とするものであり、一定の期間内であれば自由に無利息で借り入れることができるようになっています。このサービスを有効に活用することによって、これまで消費者金融業者の特徴が分からなかったという人にとっても非常に便利なものとなっています。消費者金融業者の顧客争いは今後も続くことが見込まれており、各社様々なキャンペーンに期待が高まっています。

キャッシング利用する際

生活費が足りないからや車や家のローンを払うため、やむなくキャッシングを利用するという場合もあると思います。そうして利用する方の多くは、経済的に切羽詰っているためか、どうしても審査基準の低さというものを第一にして業者を選んでしまうことも少なくありません。しかしそうした基準でお金を借りてしまうと、悪質な業者に捕まってしまう可能性もあります。近年では法改正でそういった業者の数も減ってきてはいますが、完全になくなったかというとそうではありません。もし悪質な業者に捕まってしまえば、お金を借りる前よりもずっと経済的に苦しい状況に陥ってしまいます。そういった危険に近づかないためにも、キャッシングの利用の際には大手の業者から検討しましょう。

まず、お金借りる方法をお伝えしたいと思います。なぜ大手の業者から検討するのでしょうか。一言で言えば信用の差です。キャッシングというものに対する不信感というのはいまだ根強いものもあり、どこの業者でも信用に差がないと考える人もいます。しかし実際には業者にもさまざまで、よくテレビCMが流れている業者、町を歩いて見れば看板がすぐに目につく業者などは、大手の銀行の参加に入ったいるものが多いです。そういった業者は金利も低く抑えられ、中には規定日数以内に返済できれば金利ゼロというところも存在します。ただ借りやすいというだけでよく聞きもしない業者を利用するより、よっぽど信用に差があるのはわかるでしょう。お金の貸し借りは貸す側から借りる側への信用はもちろん、借りる側から貸す側への信用も重要になります。

キャッシングの申込で収入証明書不要となるケースについてです

金融機関や貸金業者のキャッシングサービスを利用したい場合には、申込むときに運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のほかに、収入証明書の提示が必要になる場合があります。収入証明書は金融機関や貸金業者が、キャッシング申込者の現在の収入状況を知ることで、申込者の返済能力をはかり、どの程度の額を融資することが適当かの判断をすることなどに使われます。融資額が大きくなればなるほど、金融機関や貸金業者は利用者に対して返済してもらう必要性が高まるため、融資額が大きくなる場合には、収入証明書が必要になるケースがほとんどということになります。

その一方で融資額が比較的少額の場合には、申込の際に収入証明書不要となるケースもあります。

一つは、金融機関もしくは貸金業者のうち1社から借りる額が50万円以内の場合で、もう一つは、複数の金融機関もしくは貸金業者から借りる総計額が100万円以内の場合です。これらの場合は多くのケースでキャッシングに申込む際に収入証明書不要となります。比較的少額のキャッシングの場合には、金融機関や貸金業者も、申込者の返済能力をはかることより、融資を迅速に行うことのほうを優先する傾向にあるからと考えられます。ちなみに、収入証明書不要の場合においても、本人確認書類は申込の際には絶対に必要となり、これらの書類提示や手続きなどがしっかり行われても、ほとんどの場合で融資の可否や、融資可能の場合は融資額をいくらにするかなどの審査が行われます。

消費者金融はとってもおすすめ

消費者金融はちょっと怖いイメージがある人もいますが、実際はそんなに怖いものでもないですし、大手業者などでは簡単に借りられて、さらにサービスも充実しています。例えばお金を借りるときに、働いている会社へ在籍確認があって、その電話によってお金を借りているのを会社人に知られてしまうのを心配される人もいますがそれもご安心下さい。ちゃんと、そこは考えてくれていて、消費者金融からの電話だと分からないように工夫してくれています。なので、まず知られてしまうことはないですし、在籍確認についても、勤め先の変更などがなければ大抵は最初の一回だけです。

また、審査についても人が沢山いる消費者金融のお店の中にはいるのが嫌だという方のために、無人の契約機を用意してくれている業者さんもあります。そこで契約をすれば誰とも顔を合わせることがないので安心ですね。サービス面では、コンビニから借入れや返済ができたり、返済日が迫ってきたら業者からお知らせメールが届いたり、振込キャッシングができたりと何かと便利なサービスが揃っています。このように現在は昔のような怖いイメージもなく、消費者金融も頑張ってサービスを良くしてくれています。ですので、お金を借りたい人にはとってもおすすめですよ。

アコムのむじんくんでのキャッシング申し込み

私はアコムのキャッシングを申し込んだ時、自動契約機のむじんくんを利用したよ。むじんくんは、完全に個室になっているから、人目を気にすることなく安心して利用できるんだ。ATMと違ってイスもあるから、腰掛けて楽な姿勢で手続きができたよ。タッチパネルだから、操作も簡単だったよ。生年月日とか電話番号とかを、パネル上の数字を指先でチョンチョンとタッチするだけで、入力できるの。住所とか名前とかは、申し込み用紙に記入することが必要だったよ。記入後は、むじんくんについている専用の差込口に入れるだけだから、これも簡単だった。

その後、本人確認の書類を求められたから、私は運転免許証を提出したよ。提出といっても、むじんくんのパネルの上に運転免許証を置くだけだよ。それだけで、記載内容がちゃんと読み込まれるんだ。これで手続きは完了だよ。後はスピーカーからアコムのオペレーターの声が聞こえてきて、お金が必要な理由や、いつ使う予定なのかといった簡単な質問をされたから、それに答えただけ。オペレーターは、キャッシングの利用説明もしてくれたのだけれど、それを聞いている間に審査が終わって、その場でキャッシング専用カードが発行されたよ。ここまでにかかった時間は、わずか30分ほどだった。簡単手続きでアッサリとお金を借りることができたから、大満足だよ。

無担保借入とはどのようなものか

キャッシングやクレジットカードの申し込みをする際に、申し込み用紙に無担保借入金額という欄があります。これは、無担保で借入をしたお金がトータルで何円あるかを記入する欄です。無担保借入とは、担保なしで借りたお金のことです。たとえば住宅ローンは有担保です。住宅ローンは、組んで購入する住宅自体が担保となっています。仮に返済ができなくなった場合には、その住宅を差し出せば、借金は棒引きされます。つまり借金ではありますが、それを返済するだけの担保という財産を有していることから、厳密には負債ではないわけです。それに対して無担保借入は、担保がないので、必ず現金で返済しなければなりません。

現金を用意できなければ、担保での支払いができない以上、家財を売り払って現金化する必要が出てきます。つまりこれは、明らかな負債なのです。キャッシングやクレジットカードの審査では、返済能力があるかどうかを調べられます。返済能力の高さは、収入の額だけでなく負債の額によっても左右されます。たとえ収入が少なくても、負債がなければ経済的な余裕があり、返済能力もあるとみなされます。そのためキャッシングやクレジットカードの申し込みの際には、負債の額の調査のために、無担保借入の金額を申し出る必要があるわけです。

スピード違反をしないように気をつける

スピード違反の検問を実施しているところでスピードを出し過ぎると、当然のことながら捕まってしまいます。少しのスピードオーバーなら、機械に検知されずに通過することができるので、できることなら法律で決められた速度を守って運転したいものです。もしも、かなりのスピードオーバーをしていたのなら、違反点数が加点されて罰金を支払うようになります。罰金の支払いは現金で支払うことなりますので、証券や債券を持っているからそれらで支払いをしたいと言ってもだめです。現金で支払うことを求められます。

現金で支払うことができないなら、貸金業者から借金をして支払うという手もあります。貸金業者なら数万円程度の現金をすぐに用意できるので、それを持って罰金を支払えばかまいません。罰金を支払ってからは貸金業者に返済をすることはもちろんですが、次はスピード違反をしないように運転に気をつけることです。そうすれば、罰金を支払わずにすみます。

サラ金を限度額などで比べて選ぶ

花王等の商品で使うとき、たまに資金不足になるケースがあります。求める商品が8万前後ですが、手持ち資金は2万前後などの具合です。そういった時には、もちろん6万以上は求められるでしょう。そういった局面でサラ金が活用されるケースは、実は珍しくありません。もちろん各会社によって違いはありますから、申込前に比べておく事は大切です。

具体的な比較ポイントとしては、まず限度額が高いか否かです。そもそも借りられる金額は、各会社によって大きな違いはあります。中には、かなり高い金額で借りれる商品も存在するのです。各社によって数字に微妙な違いはありますから、商品概要などで確認をしておくと良いでしょう。それと無料サービスが完備されているか否かです。賃金業者によっては、初回のみ手数料が低くなる場合があります。それで割引される度合いも軽視できません。もちろん中には無料サービスが完備されていない業者もありますから、それも各社を比べる基準になる訳です。

投稿日:

車ローンの利用に新常識を

車ローンを利用したやり方で愛車を手に入れ様と考えている方は、大体が商品における機能性の良さで選びがちであると言えます。その機能性とは金利の低さに尽きるといえるのですが、新常識として語るならばそれは間違った判断とも言えるのです。新常識とは言ってもこれは考え方の転換方法でもあるのですが、それは全体を見た利用の仕方だとも言い換えられます。

よくある車ローンで金利が低いという商品は実は総合的な面では他社と変わらないケースもあり、場合によっては大きな特典等では負けている可能性もあるのです。この特典というのは単に期間限定であったりはしますが金額的には単純に換算出来ない事もあるので、目に見えない部分もあるので自分で調べる努力も必要となって来ます。例えば購入後も何かしらのサービスを付けていた場合はそれだけで金利以上の物があるとも言え、こう言った面を購入金に含めると結果的に安上がりとなる事もあるのです。

ただそう言った特典が大きい物も利用する際の条件等に気を付けなければならず、時には審査に通る条件が厳しい場合があります。逆に言うとそう言った絞りこまれた条件を掲げている場合は良い商品とも言えますので、それらを目安に探すと良いとも言えるのです。